スポンサーサイト

2020.02.07 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    マスクの生地

    2020.02.06 Thursday

    0

      いつも当サイトを御利用いただき誠にありがとうございます。

       

      今日は、ビギナー向けにマスクで使用されている色々な生地について書きたいと思います。

       

      マスクの生地でよく使用される代表的な物は、

       

      ジャージ、ラメ、リクラ、サテン、スポルペスの5種類です。

       

      ジャージ

      テルレンカ、ドブリンとか言われている生地もジャージの1種です。

      同じジャージでも素材がウールとか綿が使用されている生地は毛玉ができたりします。

       

      ラメ

      エラスラメが主流です。

      ブリオサラメ、メタルジャージなど色々な種類のラメ生地がマスクに使用されています。

      旧ラメ、ゴムラメ、ラジートラメ、ブロックラメ、チェーンラメなどの希少な生地の物もあります。

      写真は旧ラメ↓

       

      リクラ

      正式には英語でライクラというらしいですが、スペイン語で読むとリクラになるんでしょうね。

      マスクコレクターの間ではレオタードとも言われています

      1WAYと2WAYがあって、伸縮性に優れている生地です。

      生地表面の光沢が綺麗ですが、生地自体は薄い物が多く、マスクがチープに見えるのが残念です。

      逆に厚手のリクラは、サテンのような重厚感があります。

       

      サテン

      リクラより生地表面の光沢が上品で、厚みもあり高級感のある生地です。

      ただ、厚手のリクラの場合は、遜色がないので、見分けが難しいです。

      70〜80年代のサテンは旧サテンと呼ばれていて、現在の物と比べて、ヴィンテージ感が秀逸です。

      ↓画像は旧サテン

       

      スポルペス

      生地表面はリクラと似ていますが、生地の裏側が起毛してあるのが特徴です。

      何年か前に絶版になり、今はスポルトックが主流です。

      スポルペスの表面↓

      スポルトックの表面↓

      生地の裏側比較

      生地表面は、ほとんど見分けができませんが、裏面の起毛で差異があり、判別できます。

      ↓画像左側がスポルペス、右側がスポルトック

       

      代表的な生地以外では、その年代ごとで、その時の流行の生地がある事が判ります。

       

      1980年代だとビジャノラメ、ラジートラメ、モハダ(シルク)など。

       

      1990年代だとメタルジャージ、ブリオサラメなど

       

      2000年代だとリクラプンティーニ、リクラピエールなど。

       

      2010年代だとドラゴンケール、スパンコール(1WAY、2WAY)など。

       

      あくまで私の印象で、詳細を調べてみた訳ではありません…。

       

      ビジャノラメ

      当時、ビジャノスのマスクで、この生地が頻繁に使用されていた為、

      コレクターの間では、ビジャノラメと呼ばれています。正式な生地の名前は判りません。

      伸縮性がほとんどない生地です。

      経年劣化でラメがささくれ立ってくる為、

      この生地を使用したマスクはコレクションとしては敬遠され気味です。

      ↓ささくれだった状態。

       

      ラジートラメ

      80年代のマスクで、よく使用されていた生地の為、

      ラジートラメのマスク=ヴィンテージマスクという印象があります。

      ラインが特徴的ですが、伸縮性がほとんどなく生地も薄い為、二重生地にしてあるマスクが多いです。

       

      モハダ(シルク)

      あきらかにシルク生地とは違うと思うのですが、モハダは、日本だとシルクと同義語になります。

      なぜ、モハダ生地をシルク生地と呼ぶようになったのかは謎です。

      生地表面の光沢がメタリック調でリクラやサテンとは違う綺麗さがあります。

      ただ、経年劣化で生地表面の光沢箔が剥離してしまう為、

      管理が難しく、モハダ生地のマスクは、コレクションとしては敬遠されがちです。

       

      ↓経年劣化で生地表面の光沢箔が剥離した状態。

      ↓繊維ではない素材の物もあります。

       

      おっと もう深夜1時過ぎか。仕事に支障がでるので、続きはまた後日。 

       

      それでは今日はこの辺で。

       

      今後とも当サイトを何卒宜しくお願い申し上げます。

       

      ※コメント・トラックバックは受け付けない設定となっておりますので予め御了承ください。
      ブログに対するご意見、ご要望はサイト内のお問い合わせフォームよりお願い致します。